ヘアオイルで髪の傷みは大幅に軽減できる!おすすめは?

髪の毛のダメージが気になる時、ヘア用オイルを使用すると良いでしょう。
ヘア用オイルは、髪の毛のパサつきや広がり、ダメージなどのあらゆることに効果を発揮します。
ヘア用オイルを使用した際の髪の毛のベタつきを気にして、オイルを使用したことのない人もいるかもしれません。
確かに付け過ぎてしまうとベタついてしまうかもしれませんが、しっかりと用量を守れば大丈夫です。
髪の毛のダメージを補修する、おすすめのヘア用オイルを紹介します。

特におすすめなのは、天然の植物オイルが配合されている商品です。

「ジョアンジュ オーガニックニュイヘアオイル」は、天然のオリーブオイルが配合されています。
サラッと髪の毛に馴染む使い心地で、ヘア用オイルによる髪の毛のベタつきが心配な人におすすめです。
「ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル」には、天然のホホバオイルが配合されています。
ホホバオイルの特徴は、水分を保持してくれることです。
そのため、髪の毛のダメージが酷くてパサつきや広がりが気になる人におすすめです。
また、紫外線を浴びる機会が多い人にも良いでしょう。

その他にも、アルガンオイルやツバキオイルなど、様々な天然成分が配合されているヘア用オイルが販売されています。
それぞれに特徴がありますので、自分の髪の毛の状態に合ったオイルを選ぶと良いでしょう。

ヘア用オイルの正しい使い方

ヘア用オイルは、正しい使い方をすることで髪の毛の様々な症状に効果を発揮してくれます。
ダメージを補修するだけでなく、パサつきや広がりなどにも効果があるのです。
付け過ぎるとベタついてしまう原因になりますので、自分の髪の毛に合ったオイルを、適量使用するようにしましょう。

ヘア用オイルを使用するおすすめのタイミングは、お風呂上りです。
お風呂上りなら、清潔な髪の毛に使用することが出来ますよね。
また、濡れた髪の毛はよりダメージに敏感になっています。
ドライヤーで乾かす前にヘア用オイルを使用することによって、水分を逃がさずにキューティクルを補修することが出来ます。
ヘア用オイルを使用する時には、髪の毛に直接付けてはいけません。
適量を手に取り、両手で髪の毛に揉み込んでいきます。
この時、特にダメージの気になる部分に重点的に揉み込むと良いでしょう。
最後に、手のひらに残ったオイルを頭皮~毛先へと全体に塗ります。
頭皮に塗り過ぎてしまうとベタつきの原因になってしまいますので、気を付けましょう。

髪の毛は、毎日のヘアスタイリングなどでダメージを受けてしまいます。
ヘア用オイルの正しい使い方を知って、髪の毛をダメージから守りましょう。

これを使っている人は髪が傷む!NGブラシとは?

美しい髪の毛を維持していくために、ブラッシングをするのはとても大切なことです。

朝起きて髪の毛をセットするときや、お風呂から上がって髪の毛を手入れするときなど、ブラッシングをしている人は多いでしょう。

髪の毛に優しいヘアブラシを使用して正しいブラッシングをしていれば、髪の毛の絡まりや傷みを防げますし、頭皮を健康な状態に保てます。

しかし、髪の毛にあまり良くないヘアブラシを使用していると、ブラッシングをすることで傷みや抜け毛を引き起こしてしまうことがあります。
美しい髪の毛を維持していくためには、髪の毛に優しいブラシを使うように心掛けましょう。

また、髪の毛に優しいブラシを使用していても、ブラシが清潔な状態に保たれていなければ、髪の毛や頭皮にとって悪影響になってしまいます。
ブラシに汚れやフケが付着したまま使用し続けることがないように、定期的に洗うようにしていきましょう。

汚いブラシを使い続けていると、それが原因でフケが発生してしまったり、頭皮から嫌な臭いがしてしまうことがあります。
ブラシを購入するときには、洗いやすいブラシであるかどうかもチェックしておきたいですね。

絶対に使ってはいけないブラシとは

美しい髪の毛を維持していくためには、髪の毛に優しいブラシを清潔な状態で使用していかなければいけないことがわかりました。
そこで、ブラッシングに使用してはいけないブラシを知っておき、誤って選んでしまうことがないように気を付けていきましょう。

ブラシを使用していて髪の毛のトラブルを引き起こしてしまう理由のひとつが、ブラッシングをするときに発生する「静電気」です。
静電気が発生すると、髪の毛が絡まって引っかかってしまい、傷みや枝毛を引き起こすことにつながります。

頭皮にもダメージが加わってしまうことがあるので、静電気を発生させてしまうようなブラシは避けなければいけません。
静電気を発生させてしまうのは、ナイロンなどの素材でできているブラシです。

実際に商品を手に取って選べる機会があるなら、そのようなときに商品を手に取って見ながら購入したほうが良いかもしれません。

また、最近は100円ショップなどで手軽にブラシやコームを購入できますが、そのような商品も静電気を発生させる可能性があります。
どうしても手軽な価格のブラシを使用したいなら、「静電気防止」などの表示がされている商品を選びましょう。

美髪のためのブラシ選び

では、どのようなブラシなら静電気を発生させずに、清潔な状態で使用していけるのでしょうか?
おすすめのブラシは、毛や木材などの天然素材で作られているものです。

ブラシの部分が猪毛や豚毛になっており、持ち手・ピンの部分が木材で作られているブラシなら、静電気を発生させることはありません。
天然素材なので安全に使用できますし、動物の油が髪の毛をなめらかにすることもあるので、ブラッシングをしているだけで美髪を目指せるでしょう。

お手入れもそれほど難しくなく、ブラシに付着している髪の毛や汚れを軽く取り除いたら、水ですすいで乾かすだけです。

ただし、天然素材で作られているブラシは、お手入れを怠ると臭いが発生してしまうことがあります。
2週間に1回はお手入れをするように心掛けて、ブラシを清潔な状態で保ちましょう。

ブラシではなくコームを使用することが多い人は、伝統的なつげ櫛などを選ぶと良いかもしれません。
つげ櫛なら、静電気が発生してしまう心配がありません。

コームなら、ブラシに比べて髪の毛や汚れが付着してしまうことが少ないので、ブラシほど頻繁にお手入れをしなくても清潔な状態で使用できるでしょう。
どうしても汚れが気になる場合には、ブラシと同じように軽く汚れを拭き取ってから、シャンプーを溶かした水ですすぎましょう。

ヘアブラシ一つで髪は変わる!毎日のブラッシングで艶々に

髪は毎日しっかり手入れしないと髪質が変わってしまうことがありますし、最悪の場合は抜け毛が増えて薄毛になってしまうこともあります。

その髪の手入れはヘアブラシで行いますが、ブラッシングの目的は色々なことがあります。

髪に付着したホコリや抜け毛などを取り除いて清潔を保つことができますし、櫛どおりを良くして整えることもできます。

また、頭皮にある皮脂を髪に行き渡らせて適度な潤いを与えることができますし、頭皮に程よい刺激を与えて血行を促進し新陳代謝を促すこともできるのです。

こうしたことによって髪は劇的に変わりますので、毎日しっかりヘアブラシでヘアケアすると良いのですが、より効果的なブラッシングをすることで良い状態の髪を保ち続けることができます。

その効果的なブラッシング方法は、毛先のほつれを軽くほぐすようにし、毛先よりも根元よりから毛先に向けてヘアブラシを入れ、最後に髪の根元から毛先に向けてヘアブラシを入れます。

コツは髪全てを一気にとかすのではなく、少しずつ段階を踏んでとかしていき、特にゆっくりと丁寧に優しくとかしてあげることです。

優しくゆっくりとかしてあげることで頭皮に負担をかけることがありませんし、摩擦によってキューティクルを剥がさないようにできます。

髪に良いヘアブラシと悪いヘアブラシの見分け方

多くの人は毎日当たり前のようにヘアブラシで髪の手入れをしています。

通勤や通学前に身だしなみを整えて出かけていきますが、朝の忙しい時間帯ですのでヘアブラシを適当に使用してケアしている人もいるでしょう。

また、髪に良いヘアブラシを使っている人もいれば、髪に悪いヘアブラシを使っている人もいるでしょうし、髪に悪いと知らずに使っている人もいるのではないでしょうか。

髪に悪いヘアブラシを使い続けることによって髪質が変わることもありますし、傷んで抜け毛の原因になるとこもありますので、髪に良いヘアブラシでケアしなければいけません。

では、髪に良いヘアブラシと悪いヘアブラシを見分けるにはどうしたら良いのでしょうか?

それは、髪や頭皮に負担をかけずヘアケアでき、できることなら自分の髪に合ったものを選ぶと良いでしょう。

また、猪毛を使用しているヘアブラシは様々なヘアトラブルも解消できますので良いでしょう。

そこで髪に良くて評判が良いヘアブラシがメイソンピアソンです。

メイソンピアソンはヘアブラシ界のロールスロイスといわれており、北インド産の高級猪毛と独自の中空構造のクッション性パッドを採用しています。

このメイソンピアソンのヘアブラシは一般的な豚毛ブラシに比べて毛質が硬くなっていますので、髪をとかした時の櫛どおりが違います。

また、メイソンピアソンのような猪毛には適度な水分と油分が含まれていますのでキューティクルが剥がれる原因の静電気を起こしにくくなっています。

それに、クッションパッドが頭皮を傷付けることがありませんし、適度なタッチによってマッサージ効果もありますので頭皮の血行を良くして健康な髪を育てることもできるのです。

このようなことからも分かるように、たくさんあるヘアブラシの中でもメイソンピアソンが最高といえますので、プレゼントを何にしようか悩んでいる人はメイソンピアソンを贈ってみてはいかがでしょうか。

頭皮のマッサージで抜け毛ケア

頭皮のマッサージはヘアブラシでも行うことができますが、そのマッサージ効果は様々ですし色々な方法もあります。

抜け毛ケアもできる頭皮のマッサージですが、硬くなった頭皮は指でマッサージすると良いでしょう。

指の腹で優しくマッサージすることによって血行を良くし、髪の成長に必要な栄養を行き渡らせることができます。

おすすめできる頭皮マッサージは、側頭部を両手の平で包み込むようにして指の腹で頭皮を軽く押し回しながら徐々に下へ移動させます。

後頭部も同じようにマッサージし、最後にこめかみ辺りを両手の平で軽く押さえながら大きく押し回します。

それに、最後の段階で深呼吸すると効果的になります。

また、シャンプー時に頭皮マッサージすることで血行が良くなるだけではなく、毛穴の汚れを取り除くことができますし、余分な皮脂も取り除くことができますので抜け毛予防になります。

ヘアブラシで頭皮マッサージするときは頭皮に負担をかけないように優しくしなければいけませんので、メイソンピアソンのような猪毛を使用しているヘアブラシを使用すると良いでしょう。

健康な髪を育てるために必要なこと

健康な髪を育てるためには頭皮マッサージだけでなく、髪に必要な栄養を積極的に摂取することです。

また、髪の主成分となるのはケラチンという成分で、このケラチンを作り出すためにはアミノ酸などが必要となります。

そのために必要な栄養素はタンパク質、ビタミンA、ビタミン群、ビタミンE、ビタミンC、ミネラルなどです。

こうした栄養素をバランスよく摂取し、体の内側からもケアすることで健康な髪を育てることができるのです。

このように健康な髪を育てるために必要な栄養素を摂取することで、毛母細胞の分裂が正常に行われるようになり、抜け毛を減らすことや細い髪の毛が増えるのを防ぐこともできます。

とは言っても、健康な髪を育てるためには頭皮マッサージや積極的な栄養摂取だけを行うだけではいけません。

毎日のシャンプーも重要となってくるからです。

シャンプー選びも大切

シャンプーは毎日しっかりお風呂の入った時に行いますが、頭皮をマッサージするように洗うと抜け毛も防ぐことができます。

しかし、どんなシャンプーでも良いわけではありません。

では、どのようなシャンプーを選べば良いのでしょうか?

それは、自分の髪や頭皮に合っているシャンプーを選んぶことや頭皮や髪に優しいシャンプーを選ぶことです。

合成界面活性剤などを使用していない無添加シャンプーを選ぶのも良いでしょう。

自分に合っているシャンプーを見つけるには色々なものを試すのも良いでしょう。

たかがシャンプーと思って安いシャンプーを使用していると抜け毛が増えたり髪質が変わったりして薄毛になる可能性もありますのでシャンプー選びは慎重に行いましょう。