危険な抜け毛の見分け方!早期発見が一番大事

誰でも一日に50本から100本程度の髪が抜けていると言われていますが、素人には危険かそうじゃないのかは分かりませんよね?

当然一日分の抜け毛の本数を数えることはできませんし、シャンプーやブラッシング、普通に生活しているだけでも髪は抜け続けているのです。

髪が抜けることが異常なことのように思っている人がいますが、それは大きな間違いです!

抜けないことの方が大問題です。

髪には寿命があり、ある程度の周期で抜けては生えるを繰り返しています。

このサイクルが正常な状態なら、抜けてもそれと同じだけ新しい髪が生えてくるのですから、当然髪の量は変わりません。

しかし、薄毛に悩む人は寿命までまだ時間がある髪が何らかの理由で痩せ、抜けやすくなってしまいます。

すると、ちょっとした刺激でも簡単に抜けてしまい、新しい髪が生えにくい状態になります。

多くの場合は、頭皮環境の悪化により毛根まで十分な栄養がいきわたらず、やせ細り抜けてしまいます。

栄養が少ない頭皮からは新しい髪が育ちにくく、抜けた分だけの髪が生えてこないので、どんどん薄毛は進行していきます。

これを解消するためには、健康な髪を育てるためには、生活習慣や食生活、頭皮環境を整えるためのヘアケアがとても重要なのです。

危険な抜け毛とは?

年齢と共に髪は細くなり抜け毛が増えると言われていますが、それは徐々に進行するため、気付いたころにはかなり危険な状態のことが多いようです。

早い段階で気づいていれば、自分でケアするだけで改善が期待でき、年齢を重ねてもボリュームのある健康な髪をキープすることができるのです。

それでは、このままでは危険な抜け毛を自分で判断するにはどうしたらいいのでしょうか?

特にまだ若い人は自分の抜け毛にを気にすることが少なく、早期発見ができなことが多いのです。

しかし、ちょっと気を付けるだけで、抜け毛が異常なのかそれとも普通なのかを判断できるので、ぜひ覚えておいてください。

  • 排水溝の毛が以前よりも詰まりやすい
  • 洗面所の床に髪がたくさん落ちている
  • ブラッシングの際に髪が大量に抜ける
  • 頭皮にべたつきを感じる
  • 髪が伸びにくい

これらは、健康な髪でも起こることですが、ポイントは以前よりも明らかに増えているかです。

薄毛が進行すると、分け目やつむじの頭皮が見えるため、自分でも髪が減っていることに気づきます。

しかし、その前の髪が抜け始めた段階で何らの対応ができれば、見た目でもわかるほど薄毛が進行する前にストップさせることができるのです。

心配ない抜け毛

抜け毛が急に増えると誰でも心配になりますよね?

確かに、それが進行すると女性でも頭皮が透けて見えるほど薄毛になることがあり、老化だけではなく若い女性にも増えていると言われています。

しかし、急に増える抜け毛のすべてが危険なものではありません。

心配ない一時的な抜け毛の原因はいくつかあり、女性の場合は出産後の抜け毛があります。

産後のホルモンバランスが原因で、一時的に心配になるほど髪が抜けますが、それも半年から一年で解消するの大丈夫です。

誰にでも起こる現象なので、焦らずにいつも通りのケアをして過ごしましょう。

また、季節的な抜けががあり夏の終わりごろから秋にかけて、誰でも抜け毛が増えると言われています。

夏に浴びた紫外線などで頭皮がダメージを受けていることが原因で、秋になると排水溝が一気につまり出すなどと言う人がいます。

これも徐々に落ち着くので、心配いりませんが、そのダメージが深刻な場合はそのまま改善しないことも考えられます。

心配な人は、抜け毛対策用のケア用品を使うことをおすすめします。

このように、抜け毛が増えるととても心配ですが、一時的な場合もあります。

しかし、予防することで深刻な状態を避けることができるので、毎日のヘアケアは抜け毛が増える前に行うと安心ではないでしょうか?

洗っているのに頭皮がべたつく!もしかしたら薄毛のサインかも

髪を洗ったのになぜか頭皮がベタついてさらにまたシャンプーをしてしまうといったことがある方、もしかしたらそれは薄毛のサインかもしれません。

髪のベタつきは頭皮の皮脂が過剰に分泌されているということです。 また皮脂が大量に分泌されたことで残った皮脂が酸化すると、頭皮に大きなダメージを与える物質へと変化してしまいます。 皮脂が多く分泌されるということは乾燥も進んでいる可能性があります。

乾燥が進むと血行が悪くなっていたり頭皮が硬くなっていたりすることも考えられます。

そうなると抜け毛も激しくなってしまうため、どんどん髪が抜けて薄毛になってしまうのです。

皮脂によって頭皮がダメージを受けることも抜け毛が進行してしまう原因となります。

また皮脂が毛穴に詰まったりすると髪の毛が皮脂に邪魔をされて十分に育つことができません。

毛根に皮脂が詰まったら毛根も弱々しく成長してしまい、抜けやすい髪の毛になってしまうのです。

このように1度洗ったぐらいでは頭皮がすっきりしないと感じたら、抜け毛の原因がたくさん隠されているということになります。

つまり薄毛のサインかもしれないのです。

皮脂が過剰に出てしまう原因を考え、その原因から排除して薄毛を予防していきましょう。

頭皮の脂と薄毛の関係

頭皮の脂というのは頭皮の環境を整えるためには欠かせない重要なものでもあります。

ですがたくさん分泌されてしまうと頭皮や髪にとってはとても余分なものへと変化してしまうのです。

まず過剰に分泌された皮脂は当然毛穴に詰まってしまいます。

毛穴に皮脂が詰まってしまうと髪の成長が阻害されてしまうのです。

伸び伸びと成長したい髪の毛を窮屈にさせて邪魔をしてしまいます。

また毛根にも近いため、毛根の成長も阻害されてしまいます。

そうなってしまうと丈夫な毛根も育たなくなってしまうため、小さな毛根となり抜けやすい状態になってしまいます。

このように頭皮の脂は過剰に出てしまうとトラブルメーカーとなってしまうのです。

他にも余分な皮脂が頭皮で紫外線などに当たり参加してしまうと、頭皮にダメージを与えてしまう物質へと変化します。

頭皮がダメージを受ければ育毛や発毛が阻害されやすくなるので、抜け毛はもちろん薄毛になる可能性もあります。

頭皮や髪を守るための脂も多過ぎれば害になりかねません。

余分に皮脂が多く出ていると感じたら抜け毛や薄毛のサインかもしれません。

皮脂が過剰に出る原因も様々なので、頭皮のベタつきが気になったら原因を考え皮脂をためないように、過剰分泌させないように気をつけましょう。

薄毛の改善には生活習慣の見直しが大事

頭皮の環境はどのようなことが影響されるのか、考えたことはあるでしょうか。

お肌のベタつきには敏感でも、頭皮に関して放置してしまう方も少なくはありません。

ベタついていれば2度洗いすれば良いと考える方もいるでしょう。

実は洗えば解決する問題ではありません。

頭皮も普通のお肌と同じものです。

食事などでも影響されますし、生活環境も大きく関係しているのです。

まず寝不足や寝すぎなど決まった時間を守った生活が送れていなければ皮脂の分泌量が増えることがあります。

ストレスによっても皮脂が多く分泌される場合もあります。

また脂っこい食事や糖分の多い食事でも、脂はたくさん分泌されてしまいます。

油分の多い食事の翌日は肌の皮脂が多いなと感じることもあるでしょう。

そういう時は同じように頭皮の脂も多く分泌されているのです。

できるだけ油分や糖分は適度に控えるようにして、しっかりと野菜などもとって栄養バランスの整った食事をするようにしましょう。

そして十分な睡眠と適度な運動皮脂のコントロールにつながります。

規則正しい生活で皮脂の過剰分泌を抑えられるようにしましょう。

少しでも食事や生活を見直すだけで皮脂の分泌も変わります。

お肌のことだけに関心を示すのではなく、頭皮のことも考えて化粧品よりも先に食生活や生活習慣の見直しを始めましょう。

薄毛改善には頭皮環境を整える

抜け毛や薄毛の進行を止めるために大切なことは、頭皮環境です。

頭皮環境を整えることによって、しっかりと健康な髪の毛が生えてくるでしょう。

例えばですが植物でも野菜でも育てるときに、良い土とそうでない土では育ち方が違ってくるのは当たり前ですよね。

いくら肥料などで栄養補給をしてあげても土が悪い状態であれば、育たない場合もあるのです。

このように頭皮も同じく育毛剤などを使用したとしても、頭皮環境が悪化していれば髪は一向に育つことはありません。

抜け毛や薄毛をしっかりと抑えたいと思うのであれば、育毛剤を使用する前にまずは頭皮環境のチェックです。

頭皮がベタついていたり硬かったりフケが出ていれば悪い状態かもしれません。

シャンプーの種類や洗い方の他に洗った後の状態なども見直しましょう。

また生活習慣や食生活の見直しも大切です。

影響が十分であれば頭皮環境も良いものとなるでしょう。

十分な睡眠や適度な運動も頭皮に影響してくるのです。 このようにしっかりとした土を育ててあげることが重要なので、頭皮に関してまだ何もしていなかったり関心がなかったりした方はチェックすることから始めてみましょう。

そして悪い部分があれば、シャンプーから見直して頭皮環境を整えていくようにしましょう。